ワークホームズ本社BLOG

ワークホームズ本社のスタッフが日記を綴ります
(画像は近江八幡市上空から本社周辺の風景)


こんにちは。
企画開発部ハットリです。

今日は先日見た映画の話です。 

つい、この前まですぐ近所の映画館でやっていたけど、
タイミングが合わずに、なかなか観れないまま
1か月でしっかり、上映終了してしまいました

頑なに一日一回しか上映しないし、
レイトショーもないから平日は見れないし、
週末予定を組もうとしても、ころころ時間も変わるしで、
まるで「ヒットさせる気ないな」というような、映画館側の扱いでした。

私のように地方に住んでる者ならまだしも、
大阪に住んでいる友人も同じように、なかなか見れなかったって言っていたので、
ライバルの大手映画会社から手が回っていたじゃないかという疑問さえ感じました

何しろ朝8時台からの上映とか、ありえないスケジュールもありました。
イオンシネマなのにイオンの開店より早いって、「嘘だろう?!」って思いましたもん

結局ほとんど他でも上映されていない状況になって、
でもどうしても見たくて
1週間だけ上映終了が遅かった京都桂川のイオンモールまで
久しぶりに出かけてみることにしました。

image2



結果、やっぱり観てよかったです。
(ほとんど普段映画見ないけど)
今年一番の邦画!
鼻水すすりながら見ました。

image4

その映画は「さかなのこ」です。
さかなクンの半生をモチーフにした映画で、
主演はのん(能年玲奈)。
絶対この人以外にこの役をやれる人はいません。
そういう意味でもキャスティング完璧。
何故か「あまちゃん」以来、海の中が似合う女優さんです。

image3

私は、公開前にラジオで、さかなクン本人が番宣しているのを聞いて、
この映画を気になりだしたのですが、その後ネットの評価も上々でした。
私の好きな俳優、柳楽優弥も出ていていい味出しています。

多少荒み(すさみ)気味の、オッサンである私には
滝の近くに行って、マイナスイオンを一身に浴びているような、
心洗われるハートフルコメディーでした。

もう多分どこも上映されていないと思いますが、
配信やレンタルがされたら、是非お勧めしたい一本です。



どーも!

本社のエンダです!


お久しぶりです!
皆様体調等お変わりないでしょうか?
最近急な冷え込みがやってきて、秋が来たと思ったら一瞬で冬になったなんて話も世間で
チラホラ出ておりますね…。
ついこの前まで残暑暑いな~なんて考えていたらあっという間に冬が来たような感覚に
なっており、季節感が若干おかしくなっております。

そして以前のブログはもう半年ぐらい前でしたね…。
改めて過去のブログを見返してみると、私毎年このぐらいの時期に何かしらブログを
更新しておりました。
このぐらいの時期はブログを書きたい意欲が大きくなる気がしますね!
(あくまで個人的な意見です(笑))

さて今回のブログのテーマはタイトルにもあるのですが、
ここ一週間ぐらいの間にツイッターで10万以上のいいね!を獲得した
とある漫画について書きたいと思います!

そのツイートはその漫画の作者様ご本人がされたもので、去年に完結したご自身の漫画の
3話部分までを載せたものでした。
まずこの3話まででもテンポが良く続きがとても気になるのですが、この先のストーリーは
色々な予想もしないストーリー構成と、各所に散りばめられた伏線の回収等、
これ何で今まで話題にならなかったんだ?と素直に疑問に思いました。

その漫画のタイトルは「タテの国」という作品です。
10834108156642491396-b343334d00a63a64f3d813f7b245c872
もしかしたら元々ご存じの方や、最近話題になっていたことをご存じの方が
いらっしゃるかもしれません。
こちらの作品は、「ジャンプ+」という漫画のサイト?アプリ?にて、
2019年1月から2021年4月まで連載していた作品です。
約2年半に渡る連載で、話数は全部で120話となっております。


簡単にあらすじを書かせていただきますと、ある所にとても縦に長い国がありまして、
そこはドーナツを縦に伸ばしたような形をしていました。
その国は真ん中に大きな空洞がありその内側側面に住居やスペースを作り、
人々はそこで暮らしているようでした。

ある日そこで暮らしている主人公のルスカはいつもの自分の仕事を終え、
(この穴はどこまで続いていて、底には何があるんだろう?)という様な事を考えながら
真ん中に空いている空洞をぼんやりと眺めていると、
目の前を少女が穴の下に向かって落下していきました。

最初は大変戸惑ったルスカでしたが、徐々に自分より先に穴の下に向かった少女を
追い越したいという気持ちが勝ってきて、何を思ったのかルスカもその少女を
追いかけるようにそのまま穴の中へ飛び込んでいきました。

その後ルスカが落ち始めてから10日程経過しましたが、一向に底に着く様子もなく、
またルスカ自身も飢えや渇きで意識が朦朧としていました。
そんな折、ルスカは大きな気球の上に着地します。その気球は一人のロボットと
繋がっており、ロボットは元人間のケルビンという人物でした。

ケルビンはこの大きな穴を研究するために寿命が短い人間を辞め、
自らをロボットに改造して1000年近くこの穴の事を研究しているとのこと。
ただ1000年以上研究しているにも関わらず全く底にたどり着けず、
上に登って行ったこともあったが一向に頂上にも辿り着けないと言うのです。

食料をケルビンから分けてもらい多少元気を取り戻したルスカは
ケルビンからジェットパックのようなものを借り、少女を追いかけます。
当初は少女を追い抜くつもりのルスカでしたが、意識が無い状態で落ち続ける少女を
ほっとけなくなり、結局ケルビンのところへ連れて帰り少女を目覚めさせます。

目覚めた少女によるとどうやら少女は十年に一度の大飢饉を防ぐための人柱として、
この穴に落とされたとのことでした。
さらに話を聞いていくと、少女はルスカやケルビンが暮らしている場所の
もっと上の場所から落下してきていることが判明しました。

ここから3人はこの縦に長すぎる国の秘密を解き明かそうとしていく。
というのが大まかな最初のあらすじになっております。


こちら最初に書かせていただきました通り、既に完結している漫画なのですが、
何とジャンプ+上で全て無料で公開されております!
単行本化はされておりませんので、このジャンプ+でしか読めません!

もしここまで読んでいただきまして興味が湧いてこられた方は、ジャンプ+のアプリを
インストールしていただくか、下記URLにアクセスしていただければ一話目から全話
読むことが可能ですので、一度気軽に読んでみていただければなと思います。
(もし下記のリンクが上手く反応しない場合はグーグルからご覧になっていただくか、
ケータイでご覧になっていただければ恐らく問題なく反応するかと思います。)


タテの国一話目:https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156642491399


また短めではありますが、作中のシーンを少しアニメ化したPVや、
作者様のツイートも以下にリンクを載せさせていただきますので、
是非一度ご覧になっていただければと思います。


アニメPV:https://www.youtube.com/watch?v=Sdc76kKHpf8

作者様のツイート:https://twitter.com/tanaka_kuu/status/1576894556317962240


えー、毎度本当に君はどこかの回し者なのか?と思われそうなくらい
細かく書いてしまうのですが、せっかく感じた自分の「面白い」をどなたかと
共有できればなと思い、気が付いたらここまで書いてしまっております。
ですので是非皆様も一度読んでいただきまして、面白かったらまた私に
話を振っていただけますと大変嬉しいです。(笑)

最後になりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次回のブログがいつになるか分かりませんが、その時もまた読んでいただけますと幸いです。
それではまた次回のブログでお会いしましょう! ではでは~

ワークホームズのブログをご覧頂きありがとうございます!
今回は私、ナカムラから採用イベント情報をお届け致します。

今年度のテーマは
「あなたの「アイデア」がそのままカタチに」
注文住宅を手掛けている当社ならではの体験型インターンシップ!
「キャンプ」×「マイホーム」
近年大人気のキャンプをテーマに、
マイホーム建築をお手伝いする
プランナー(営業)体験をしていただきます!

【開催日】
10月22日(土)13:30~16:00

広告バナー(別案)
【予約〆切】
  1019日(水)11:00

【予約方法】

①リクナビ2024

(上記画像をクリックすると予約ページへ飛びます)

②DM(氏名・大学名・メールアドレス・住所をお送り下さい)

<<<昨年度インターンシップ参加者の声>>>

・今まで建設業を視野にいれていなかったが楽しむことができた
・業界や仕事の流れについても理解することができた
・ほかの学生とグループワークを通じて試行錯誤するのが楽しかった
などたくさんの嬉しいお声を頂きました。

昨年度はインターンシップ参加者の選考参加率は
なんと100%でした!!!

社内の雰囲気なども掴んで頂けるような
インターンシップ参加者限定イベントなどもございます。
是非ご参加下さい

↑このページのトップヘ