こんにちは
先日に続いて企画開発部のハットリです

前回、話が長くなってきて
一旦区切りましたが、
ちょっと更新に時間が空いてしまいました。

もちろん、見ましたよ見ましたとも
『THE FIRST SLAM DUNK』
 326105129_742049490382836_4643184023780286542_n

TVアニメ版を全部見てから
結局原作本は読むことなく臨みましたが
基本的な流れが分かっていたので
すんなり入れました。

でも、
まったく白紙の状態で観た友人も感動して、
逆にその後に原作をあさって
もう一度見た、っていうことだったので、
結局こうなるんかって感じです。

完成度の高さは
漫画家、井上雄彦氏
自身が脚本、監督まで
されてるのがやはり大きいです。

もちろん、TV版ではなかった
モーションキャプチャーなど
最新のCGアニメの技術を使って
たくさんの人間が関わって作られているのですが、
やっぱり原作者が最初に脚本を書き、
かつ最終確認できる現場っていうのは
間違いがないし、それ以上のものは逆にないし
文句のつけようがないです。
325793620_548371003887906_7243541558386414525_n


調べたところ原作の漫画家(井上雄彦氏)は
自分と同い年でした。
不良漫画的要素が濃いのも
同世代としての
シンパシーを感じます。

実のところ、原作本編の主人公である桜木花道には
喧嘩シーン以外にあまり惹かれる部分がありません(笑)

そんな桜木を陰で支え続ける水戸洋平というキャラクターが
超カッコよく、私は大好きです。
(今回の映画では、ただ客席で応援してただけ)
326218565_1237687490162557_7657986629917940470_n


このまったく見返りを求めない友情。
たとえるなら『エースをねらえ』でいうところの
愛川マキみたいな感じ、男版愛川マキっていう感じ
(いやいや、このたとえ、誰もわからんがな)

いつか、僕の推しキャラ水戸洋平を深掘りした
作品を作って欲しいです。
『THE SECOND SLAM DUNK』として。
この場合、バスケシーンは
出てこないかもしれないですけど(笑)