ワークホームズ本社BLOG

ワークホームズ本社のスタッフが日記を綴ります
(画像は近江八幡市上空から本社周辺の風景)

カテゴリ: 趣味・漫画紹介

こんにちは!ナカムラです🏠

私の最近のマイブームは「ドラマ鑑賞」なのですが、
それについて綴らせて頂きたいと思います
他のスタッフの熱量や文章力には負けているかもしれませんが、、、(;^ω^)ご興味のある方にご覧頂けましたら幸いです!
はまっている。とはいえ、今放送中のドラマで見ているのは
『silent』フジテレビ系木曜劇場
newsThmN04

『君の花になる』TBS系火曜ドラマ
ogp_kiminohananinaru

の2作品だけなのですが…(笑)

『silent』に関しては放送当初は見るつもりはなかったのですが、
第1話放送後、あらゆるネットニュースで話題となっていて、Tver(見逃し配信)で配信された全番組の歴代最高記録を更新したとか、数々の芸能人が泣けたなどの声をSNSに上げておられ、様々な『silent』の関連の記事を見て、「そんなに泣ける・感動するの?」と興味本位で見たのがきっかけでした!
普段あまり感動とかしない薄情なタイプなのですが、めちゃくちゃ感動しました~
初回の1話だけで満足できる程、映画並みのボリュームが詰め込まれていました。私の24年の人生史上で一番感動したドラマは「1リットルの涙」だったのですが、それを超えました!
内容ももちろん感動するのですが、主題歌のOfficial髭男dismさんの「Subtitle」が流れるタイミングが絶妙で追い打ちをかけれらます


『君の花になる』は本田翼さんが中学生の頃から大好きで、本田翼さんが出ているから見ています👀
(どうでもよい情報ですが、プライベートのLINEのトプ画は本田翼さんです。それ位好きです(笑))

本田翼目的で見始めた、『君の花になる』
ドラマのあらすじとしては、とある売れないアイドルグループの寮母を本田翼が演じています。今ではそのとあるアイドルグループ(8LOOM)にもはまり始めました♪

kiminohananinaru

このアイドルグループはドラマ内だけでなく、期間限定アイドルとして曲のリリースやライブやイベントも行っているそうです。はまっているとは言いましたが、曲を聞いている位であまり詳しくなくてすみません…。

今まで人生でアイドルグループに、はまったという経験がなく周りのジャニーズジュニア好きの友達と話す時、共感できない部分があったのですがデビューする前の頑張りを知っているからこそ、応援したくなる気持ちってこんな感じなのか。とちょっと分かったような気がします(^^)/

ちなみにアイドルグループのメンバーは7人いるのですが、その中の推しはアイドルグループの元リーダーの「高橋文哉さん」と愛嬌たっぷりの「宮世琉弥さん」です見ている人いたら推しを是非教えてください~(・∀・)つ

このようなドラマの話をお昼休憩中に同僚と喋る日々が学生時代に戻ったみたいで楽しいです!ドラマにはまっているというよりもはやそっちを楽しみにしているのかもしれません。

『silent』『君の花になる』見てるよ!って人がいたら是非教えてください♪

どーも!

本社のエンダです!


お久しぶりです!
皆様体調等お変わりないでしょうか?
最近急な冷え込みがやってきて、秋が来たと思ったら一瞬で冬になったなんて話も世間で
チラホラ出ておりますね…。
ついこの前まで残暑暑いな~なんて考えていたらあっという間に冬が来たような感覚に
なっており、季節感が若干おかしくなっております。

そして以前のブログはもう半年ぐらい前でしたね…。
改めて過去のブログを見返してみると、私毎年このぐらいの時期に何かしらブログを
更新しておりました。
このぐらいの時期はブログを書きたい意欲が大きくなる気がしますね!
(あくまで個人的な意見です(笑))

さて今回のブログのテーマはタイトルにもあるのですが、
ここ一週間ぐらいの間にツイッターで10万以上のいいね!を獲得した
とある漫画について書きたいと思います!

そのツイートはその漫画の作者様ご本人がされたもので、去年に完結したご自身の漫画の
3話部分までを載せたものでした。
まずこの3話まででもテンポが良く続きがとても気になるのですが、この先のストーリーは
色々な予想もしないストーリー構成と、各所に散りばめられた伏線の回収等、
これ何で今まで話題にならなかったんだ?と素直に疑問に思いました。

その漫画のタイトルは「タテの国」という作品です。
10834108156642491396-b343334d00a63a64f3d813f7b245c872
もしかしたら元々ご存じの方や、最近話題になっていたことをご存じの方が
いらっしゃるかもしれません。
こちらの作品は、「ジャンプ+」という漫画のサイト?アプリ?にて、
2019年1月から2021年4月まで連載していた作品です。
約2年半に渡る連載で、話数は全部で120話となっております。


簡単にあらすじを書かせていただきますと、ある所にとても縦に長い国がありまして、
そこはドーナツを縦に伸ばしたような形をしていました。
その国は真ん中に大きな空洞がありその内側側面に住居やスペースを作り、
人々はそこで暮らしているようでした。

ある日そこで暮らしている主人公のルスカはいつもの自分の仕事を終え、
(この穴はどこまで続いていて、底には何があるんだろう?)という様な事を考えながら
真ん中に空いている空洞をぼんやりと眺めていると、
目の前を少女が穴の下に向かって落下していきました。

最初は大変戸惑ったルスカでしたが、徐々に自分より先に穴の下に向かった少女を
追い越したいという気持ちが勝ってきて、何を思ったのかルスカもその少女を
追いかけるようにそのまま穴の中へ飛び込んでいきました。

その後ルスカが落ち始めてから10日程経過しましたが、一向に底に着く様子もなく、
またルスカ自身も飢えや渇きで意識が朦朧としていました。
そんな折、ルスカは大きな気球の上に着地します。その気球は一人のロボットと
繋がっており、ロボットは元人間のケルビンという人物でした。

ケルビンはこの大きな穴を研究するために寿命が短い人間を辞め、
自らをロボットに改造して1000年近くこの穴の事を研究しているとのこと。
ただ1000年以上研究しているにも関わらず全く底にたどり着けず、
上に登って行ったこともあったが一向に頂上にも辿り着けないと言うのです。

食料をケルビンから分けてもらい多少元気を取り戻したルスカは
ケルビンからジェットパックのようなものを借り、少女を追いかけます。
当初は少女を追い抜くつもりのルスカでしたが、意識が無い状態で落ち続ける少女を
ほっとけなくなり、結局ケルビンのところへ連れて帰り少女を目覚めさせます。

目覚めた少女によるとどうやら少女は十年に一度の大飢饉を防ぐための人柱として、
この穴に落とされたとのことでした。
さらに話を聞いていくと、少女はルスカやケルビンが暮らしている場所の
もっと上の場所から落下してきていることが判明しました。

ここから3人はこの縦に長すぎる国の秘密を解き明かそうとしていく。
というのが大まかな最初のあらすじになっております。


こちら最初に書かせていただきました通り、既に完結している漫画なのですが、
何とジャンプ+上で全て無料で公開されております!
単行本化はされておりませんので、このジャンプ+でしか読めません!

もしここまで読んでいただきまして興味が湧いてこられた方は、ジャンプ+のアプリを
インストールしていただくか、下記URLにアクセスしていただければ一話目から全話
読むことが可能ですので、一度気軽に読んでみていただければなと思います。
(もし下記のリンクが上手く反応しない場合はグーグルからご覧になっていただくか、
ケータイでご覧になっていただければ恐らく問題なく反応するかと思います。)


タテの国一話目:https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156642491399


また短めではありますが、作中のシーンを少しアニメ化したPVや、
作者様のツイートも以下にリンクを載せさせていただきますので、
是非一度ご覧になっていただければと思います。


アニメPV:https://www.youtube.com/watch?v=Sdc76kKHpf8

作者様のツイート:https://twitter.com/tanaka_kuu/status/1576894556317962240


えー、毎度本当に君はどこかの回し者なのか?と思われそうなくらい
細かく書いてしまうのですが、せっかく感じた自分の「面白い」をどなたかと
共有できればなと思い、気が付いたらここまで書いてしまっております。
ですので是非皆様も一度読んでいただきまして、面白かったらまた私に
話を振っていただけますと大変嬉しいです。(笑)

最後になりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次回のブログがいつになるか分かりませんが、その時もまた読んでいただけますと幸いです。
それではまた次回のブログでお会いしましょう! ではでは~


どーも!

本社のエンダです!


前回に引き続き、ブログを更新させていただいております!
すみません! 良い感じの季節の話題や、最近の時事ネタ等の前置きが思いつかないので、
今回は前置きはすっ飛ばして、いきなり内容に入らせていただきます!(笑)

毎回のごとくタイトル通りなのですが、今回は最近ハマっているレトロゲームについて
書かせていただきたいと思います!


えー、皆さんが子供の頃はどのゲーム機が流行っていた世代でしょうか?
任天堂のハードで言いますとファミコンやスーパーファミコン、ソニーのハードで言います
とPS1やPS2が主な少し昔の家庭用ゲーム機の大きな世代の括りになるのでしょうか?
ハード一覧1
私が小学生だった頃は、ゲームキューブやPS2やゲームボーイアドバンスやDS等が
流行っておりました。
ハード一覧2
その中でも、大乱闘スマッシュブラザーズやマリオカート、マリオパーティー等の皆で
遊べるタイプのゲームは大変人気で、友達が家に集まるとよく皆でそういったゲームで
夕方頃まで遊んでいました。
いやー、懐かしいなぁ~。と、懐かしむと同時にもう20年近く前だという事実に気付き、
時の流れの速さに背筋が寒くなっております…。

今でも上記の3シリーズは人気で、新しいゲームハードが発売される度、それに合わせた
新作が出ている程、小さなお子さんから大きな大人まで幅広い分野の方に愛されている
作品だと思います。


ちょっと話が脱線してしまいましたが、私の小さい頃から上記のようなゲームは沢山
出ており、さらに私が生まれる前から家庭用のゲーム機やゲームソフトが世の中には
出ていた訳でありまして、最近何故か急に、そういった昔の名作と呼ばれるゲームや
隠れた名作と呼ばれるゲームを無性に遊びたい!という欲望が大きくなってきました!

そこで早速、ファミコンの互換機とスーパーファミコンの本体、それらの対応ソフトを
いくつか買い込んできました!
そしてS端子という映像出力のケーブルも買ってきて、さらにそれをHDMIに変換できる
コンバーターも買ってきて、自分的に最高の環境でレトロゲームを堪能しております!

今のゲームのようにどこでもセーブが出来るわけでもなかったり、一度敵にぶつかるだけで
死んでしまったり、途中からのコンティニューが出来ず、ゲームオーバーになると一番最初
からやり直させられたりと、最近の子供が遊んだらすぐに遊ぶのを辞めてしまうのでは
ないかと思われるような作品が多々ありますが、それ故に最近のゲームでは味わえない
緊張感や、クリアできた時の達成感が大きいと感じます。

また、容量やコントローラーのボタン数の関係で、操作やゲームシステムも分かりやすい
ものが多く、気軽に遊ぶことができるのも、レトロゲームの魅力の一つだと思います!


ちなみに、私が現在ハマっているのが、
ファミコンのソフト「星のカービィ 夢の泉の物語」と、
featurepop_649736

スーパーファミコンのソフト「ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ」のⅠの方です。
m97589203184_12
毎日少しずつ進めているのですが、やはり名作と呼ばれるだけあってどちらも時間が許す
限り、もうずっと遊んでしまいそうになります。(笑)

他にも色々とソフトを買っておりまして、2人で遊べるものに関しては奥さんと遊んだり
しているのですが、普段そこまでアクションゲームを遊ばない奥さんの方が上手い
アクションゲームがあったり、私の方が上手いゲームがあったりと、2人であーだこーだ
言いながら遊ぶのもとても楽しいです。

まだネットで注文して家に届いていないゲーム等もありますので、買ったのに遊べていない
所謂「積みゲー」にならないように少しずつ楽しみながらしっかりと進めていきたいと
思っております。


皆様も、これから訪れる年末年始の空いた時間のお供や冬のボーナスの使い道に
『レトロゲーム』、如何でしょうか?(笑)
プレミアム価格がついているソフトを除けば、大方のソフトは500円前後から1,000円前後の
お値段で買うことが出来ると思いますので、最近発売されている最新のゲームを買って
遊ぶのも良いものですが、昔自分の遊んでいたソフトを改めて遊んでみたり、逆に当時は
買ってもらえなかった憧れのソフトを、思う存分楽しむというのも乙なものかと思います

これ以上書くととても長い(既に長いですが…)ブログになってしまいますので、
今回はここら辺で終わりにしたいと思います。
また「このゲームオススメだよ」という話や、「このゲーム面白いよね」という話が
あれば、是非お聞かせいただきたいと思います!
それでは、次回のブログでお会いしましょう! ではでは~


どーも!


本社のエンダです!


前回のブログではアニメやゲーム系から離れたテーマを書かせていただきましたが、
今回はまたアニメの話です!(笑)


何とこの度

タイトルにも書かせていただいた通り、
私が何度かこちらのブログに書かせていただきました「ブルーピリオド」
という漫画が、今年の10月1日にアニメ化&放送開始することが決定しました!!
1stkv


何と明後日から地上波でアニメ放送が開始します!!
(ブログにするのが遅すぎましたね・・・(笑))

既に色々と公式ホームページや予告の動画が出来上がっておりますので、
以下にいくつか載せさせていただきますので、もしご興味がある方は一度
ご覧になっていただきたいなと思います!


公式ホームページURL : https://blue-period.jp/

放送局や放送時間帯 : https://blue-period.jp/onair/
(※放送時間帯の書き方が少し分かりにくいので、一度9月30日の夜頃に
 番組表をチェックしといていただけると間違いないと思います。

放送予告PV第1弾
【2021年10月放送】TVアニメ『ブルーピリオド』 第1弾PV - YouTube

放送予告PV第2弾
【2021年10月放送】TVアニメ『ブルーピリオド』 第2弾PV - YouTube


こちらの作品、作中に絵画や立体物等の様々な芸術作品が登場しますが、
漫画版とはまた違い、全てに色が付くということが何よりも楽しみです!!

「あー、ここの作品はこんな色のイメージで描かれていたのか~!」であったり、
「なるほど、この人はこの色合いを表現したくてこんなに葛藤してたのか」等、
漫画を再度読み直しながら、また一から楽しめるのではないかと期待しております!


深夜の放送時間ではありますが、もし見てみようかなと思われる方がいらっしゃい
ましたら、録画をしてまた一度ご覧いただければと思います。
(見るのはタダですので・・・(笑))

そして、もし続きや漫画版が気になられた方がいらっしゃいましたら、
是非漫画版も併せて読んでいただけますと、よりこの作品を楽しめると思います!
(最近11巻が発売されたばかりなので、まだまだ集めやすい今がチャンスです!)


えー、またまたこの漫画の回し者かと思われるぐらい書き込んでしまいました・・・。
これ以上書くと逆に皆様の興味を失ってしまうかもしれないので、今回はここら辺で
終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただいた皆様、ありがとうございました!!
また次回のブログでお会いしましょう! ではでは~

どーも!

本社のエンダです!

前回に引き続き、私が連続でブログを更新させていただいております!

私のブログをよく読んでくださっている皆様なら恐らく、
「エンダが書くならまたアニメか漫画かゲームの話でしょ?」とお思いかもしれません。

ですが、今回はそのどれにも当てはまりません・・・!!
実は私、その3つとは別に小学生の頃より好きなものがございます。


それは『ホラー』な作品や話です!!
今回はそのホラー関連のことについて、ブログを書きたいと思います!
(ここ最近寒くなってきたので、正直季節外れ感は半端ないですが・・・。


出会いは恐らく自我が芽生えるか芽生えないか位の頃、テレビで親と一緒に見た
「学校の怪談」か「ほんとうにあった怖い話」らへんのホラー番組だったと思います。

当時の私は大変怖がりで、怖いもの見たさなのか親と同じものを見たいという気持ち
なのか、ホラー番組を親と一緒に見ては、夜中一人でトイレに行くのが怖くなり、
隣で寝ている母親を起こしてトイレについてきてもらっておりました・・・。

しかし小学4・5年生ぐらいの頃からは、自分だけでもそういったホラー番組や、
ホラー特集、ホラー映画のようなものを見るようになり、それ以降今に至るまで、
もうずっと年中ホラー関連の何かしらに興味を持っております。(笑)


話がだいぶ脱線してしまいましたので、一度戻したいと思います。
ホラー関連には上記の通り、昔からハマっていたのですが、ここ2、3年、
特に最近はずっとYoutubeの『怪談朗読』というものにハマっております!

ホラー関連が好きな方なら理解をいただけるかもしれないのですが、ホラー関連の
映像やゲームやアトラクション等様々なものを日々経験すると、だんだんと慣れと
言いましょうか、生半可なものでは昔ほどの怖さや背筋の寒さみたいなものを
感じにくくなってきてしまいます。(あくまで個人的な感想ですが・・・。

その点、怪談というものは話し手の上手さも関係ありますが、最終的には聞き手の
想像力が怖さに直結すると思っておりますので、想像力が豊かな人であればあるほど、
どんどんと怖さが増していくのが魅力だと思います。

また映像作品のように、映えやオチのようなものが無いものも多々あるのですが、
その分現実味が増して、私は余計に怖さを掻き立てると思っています。


以下に私が最近ハマっている怪談朗読のチャンネルの簡単な紹介とURLを3つ程
貼らせていただきますので、興味を持たれた方は是非一度ご覧いただければと思います!


①ごまだんごの怪奇なチャンネル(ごまだんごの怪奇なチャンネル - YouTube
 (ごまだんごさんという方が怪談を話されるチャンネルです。基本的に3話ほどを1つの
  動画としてまとめられていて、落ち着いた声でとても怖い話をたくさん話されます。
  私は眠い時に聞いてしまうとほぼ3話目ぐらいで眠りに落ちてしまいます。(笑))


②ぁみ[怪談ぁみ語](ぁみ [怪談ぁみ語] - YouTube
 (芸人で怪談を話されているありがとうぁみさんという方のチャンネルです。ぁみさんを
  筆頭に3人の方がよく怪談を話されています。ぁみさんが色々なところで怪談ライブ
  のようなものを開き、そこに来ていたお客様から聞いた話や、知人の方から聞いた
  話等、色々なお話が聞けるので大変面白いです!


③伊山亮吉の怪談チャンネル(伊山亮吉の怪談チャンネル - YouTube
 (歌舞伎町にある怪談バーで働かれている男性の方のチャンネルです。とても話し方も
  上手く、聞き取りやすい声で怪談を話されるので、頭に情景が浮かびやすく大変怖い
  ものが多いです。 ちなみに、上記②のぁみさんのチャンネルでよく話されている
  3人の内のお1人なので、ぁみさんのチャンネルで話されたことのあるお話を話されて
  いることもあります。


このブログを読んでくださった方の中で、「僕(私)、実はこんな怖いことを体験した、
もしくは聞いたことあるよ。」という方がいらっしゃいましたら、またお時間あるときに
是非お話をお聞かせいただきたいなと思います!
(そうしてくださると、大変喜びますので是非!(笑))


最後になりましたが、ここ最近朝晩の気温の冷え込みが強く、体調を崩しやすくなって
きていると思いますので、皆様風邪等引かれないよう、御身体御自愛くださいませ。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう! ではでは~

↑このページのトップヘ